【トイレ籠】無人島JK!ちょろいよ吉村さん!-第3話 彼氏じゃないけど気持ちいい…生ハメ吉村さん! あらすじ&感想

事故で流れ着いた無人島。

ここで男3人と女1人が暮らしている。

 

俺たち4人は高校生。

普通ならここでのたれ死んでいただろう。

 

着いた当時は希望を信じていろんな助けを願ったが、

今ではすっかりこの生活にも慣れてしまった。

 

 

ゆとり学生の俺たちを助けてくれるのは、

この島で唯一の女子、

吉村さん。

 

黒髪のショートヘアが綺麗で、体もエロくて最高。

彼女の水浴びを俺たちはこっそり見て、

日々のオカズにしていた。

 

 

そしてある日のこと、

俺たちは吉村さんをレ●プしようと企てる。

 

結局作戦は実行されなかったものの

内容をこっそり隣で聞いていた吉村さん。

 

私…3人に犯されちゃう…!

 

不安に思った彼女は1人で行動を始めるが…。

 

 

こんにちは、管理人です♬

 

「無人島JK!ちょろいよ吉村さん!

第3話 彼氏じゃないけど気持ちいい…生ハメ吉村さん!」

を読んでみました。

 

前回の意味深なシーンから終わり、

いよいよあんなことやこんなことを

吉村さんにしていきます♬

 

いったい彼女はどんな反応してくれるのか、

私もとても楽しんで読んじゃいました♪

 

いよいよ吉村さんの

ちょろさが発揮されるのでしょうか?!

 

特に、敏感なところを触れられて

興奮しちゃうところはすごく良かったです。

 

 

 

さて、今日も皆さんに喜んでいただけるよう,

いろんなネタバレを用意してきました。

 

ネタバレは嫌いという方もいらっしゃると思うので、

気になる人は試し読みからのぞいてみてください♬

 

 

【ネタバレ・あらすじ】彼氏じゃないけど気持ちいい…生ハメ吉村さん!

無人島に流れ着いて1週間、

彼女と俺たちは別行動をして暮らしていた。

 

吉村さんは、自分の身を守るために

俺たちには自分の居場所は明かさず一人暮らし。

 

そんな時1人が吉村さんの姿を見かけ後をつけていくと、

壊れたボートに乗り込んでいく彼女の姿があった。

 

 

壊れているボートのはずなのになぜか

揺れていることに不審に思って中に入ると、

中にはオ●ニーして興奮している彼女の姿が。

 

口止めとして吉村さんを犯す同級生、

チ●ポを前にして抑えが効かなくなる吉村さん…。

 

俺の臭いチ●ポをすっぽり口の中に入れて、

興奮を誘ってくる彼女の姿に興奮が収まらない。

 

ゴムもない無人島で、

彼らは続きをしてしまうのか…!

 

この続きは試し読みからもチェックできるので、

気になる人は読んでみてくださいね。

年下彼氏がいるのにも関わらず、セッ●スが止まらない吉村さんがマジで抜ける!

いやー満足な内容でした。

特にフェ●シーンは格別ですね♫

 

本当は年下彼氏にしていたことを

無人島という誰もいない場所でしてくれている

…そんなシチュエーションがたまらないです。

 

本当にエッチな作品です♫

 

ぢゅぽ

ぢゅぷっ

 

と音を立ててチ●ポを吸われてたら、

男なら止まらなくなっちゃいますよね。

 

罪悪感も少しありつつも、彼女に抗えない

クラスメイトの気持ちもすごくわかります。

 

そもそも彼氏がいる女の子に対して、

いろいろできるって本当にいいシチュエーションです。

 

4話では一体この彼らがどうなってしまうのか。

 

今から待ちきれません♫

 

この続きはしっかりとサイトでも

レビューしていくので楽しみにしていてくださいね。

 

 

その他にも無料の漫画や立ち読み作品がたくさん置いてある

 

FANZAをぜひチェックしてみてくださいね♬

 

会員登録は無料です♪

私も大好きなサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です